シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

「自分」というもう一人の私によって苦しめられている

前回の記事からここまで期間が空くとは思いもよらずまさかの3カ月も。

 

まあそんあことは置いておいて最近のことについてまたいつものようにだらだらと書いていく。誰にの為にもなっていない自分の記録としてのブログを再開致します。

 

この3カ月はなんとも煮え切らない。

くすぶった三カ月であったということは間違いないです。

煮え切らないというのかくすぶっているというのか、何に対しても積極的になれない状態。

 

その割にツイッターはなぜかこまめにやっておりました。

 

そこで最近のトピックスとしては「自分」とはなんぞや?ということ。

自己を表す言葉として私は「自分」という言葉を多用しておりました。

「自分は○○だと思う」とか「自分って○○だ」とか。

 

そうやって「自分」という言葉を使うことで物体の自己と思考している自己が乖離している感じを覚えるようになりました。

 

かねてから私は客観的に自己を見ていきたいと考えていました。

自己を客観的に見すぎたのか「自分」というもう一人の存在があたかもいるように思えてきて、日々の出来事を振り返ってもなんだか他人事のような感じで振り返りと言うよりも出来事の感想にすぎないようなことばかりをつぶやいていました。

ある意味でドラマを見ているかのような感覚。

だからどこまでいっても本気になれず、私の常套句「まあえっか」をさく裂させておりました。

 

以前は「まあえっか」は気持ちを切り替える魔法の言葉のようにとらえておりましたが、最近では「まあえっか」が「もうえっか」みたいなある種のあきらめにもにたような使い方をしているということに気づきました。

 

フラワーエッセンスをやっていて、日々の振り返りをしながら自己の変容を促していくということをやっておったのですが、いつまで経っても変化が起こってこず、毎回同じと事で躓いていることにも気づきました。

 

その大本となるのが「自分」という存在なのではないかということに至りました。

「自分」なんてそもそもないって前は思っていたのになんかいつの間にか存在していて、その「自分」を観察するだけの日々になっていました。

 

「自分」は大事だし、自分のやり方なんていうのがあった方がいいかもしれないし、自分がどんな人間かわかった方がいいと思うけど。

 

「自分」というものに囚われすぎてわけわからん状態に陥っています。

 

「で、結局何がしたいの?」って人に言われることがあって、「自分は何がしたいんだろ?」って改めて考える。

そこで答えがでないと「自分って何も考えていないダメな人間なんだなって」思ってします。そんな繰り返しの人生を送っているので、全然今を生きられていない状態でした。

 

結局何がしたいんだ?っていうのがよくわからないので、日々の生活の中でどんなことが必要なのかということをとりあえずやってみて毎日を大事に生きることから初めてみようと。

シンプルにやってみることで、何かまた見えてくるかもしれんし。

 

久しぶりに書いたブログまたぐちゃぐちゃな頭の中の言葉を書き連ねるだけで終わった。でもスッキリした。

 

明日からもガンバロ。

 

いえる=癒える、言える、家る

いえるを実現するために今があるはず...

中間管理職というものの辛さ

今の会社に入ってから初めて中間管理職というものを経験しました。

課長という役職に初めてつきましたが、名前だけで決裁権はほぼありません。

社長や部長がいて、当たり前のことですが毎回確認を行う必要があります。

自分の裁量でどこまで決められるものかよくわかりません。

なので自分で責任をかぶりたくないので、なんでも基本確認するようにしています。

自分の部署でミーティングを行い、その場ではそれいいな!って言って、新しいことを始めようとします。

しかし、始める前にまず確認。

確認を取ってから実行までにタイムラグがある。

タイムラグがあるだけならまだしも、部署内での意向が通らないことももちろんある。

そうなるとみんなから「なんで?」って言われる。

「そんなこと言われても」と内心では思うけど、そう言われると「自分の説明の仕方が悪かったんかな?」と疑心暗鬼になる。

これだけならまだしも、上からの意向を伝えてみんなの意向に沿わないと「なんで?」ってまたなる。「それおかしいでしょ?」とも言われる。

「気持ちはわかる俺もそれを思った上で皆に伝えている」と内心で思っているが、それを言ってしまうと収拾がつかなくなるのでグッと我慢。

これが世に言う「板挟み」というものかと実感した。

上から押さえつけられ、下から突き上げられるってこういうことかと。

経験に勝るものはないなと。

自分は真面目な方ではないからやり過ごすことはできるが、世の中の真面目な中間管理職の方々はこんな状況が続くと自分を責めたり、どうしたら良いかわからなくなって精神的に病んでしまうこともあるのかなと簡単に想像できる。

世の中の部長さん・課長さん今日も一日お勤めご苦労様です。

若者が役職につきたくないという気持ちもよくわかる。

役職について良いことなんてほとんどない。

優良企業であればしんどい仕事の対価として高い報酬が支払われますが、私のようなしがないサラリーマンが勤めている中小企業に高い報酬を支払えるほどの体力はなく、ただやり過ごすことしか方法はないのです。

 

でも人生勉強になるという点ではこれほどの経験はないかなと思います。

いつも勉強させてくれてありがとうございます。私は今年で去りますが、この経験をより多くの社員たちに経験させてあげてください。

そして多くの退職者を今後も生み出し続けてください。

会社は拡大し続けても社員が幸福を得られない会社をこれからも繁栄させ続けてください。さようなら。

今回の退職に至るまでの経緯(私結構退職しています。)

結構退職しているという言葉が成立するかはわかりませんが、結構退職しています。

今回で4回目です。全て自主退職。クビになったことは今のところ一度もありません。

今年で社会人11年目にして4回だから結構退職している方かと思います。

今回は就職した会社が過去最悪に嫌だから辞めます。

理由はすごくシンプルです。

前職は地元を離れて4年弱ほど勤めていました。

諸事情あり、そろそろ地元の方に戻ろうかと考えたところに今の会社からオファーがありました。

元後輩の父親が経営している会社からのオファーでした。

いわゆるコネ入職です。

そのため、体制等に関してあまり強く言えません。

そこが今回退職に繋がる一番の根本です。

前職は誰も知り合いがいない、全くしがらみがない組織であり、自分が管理者として事業所を運営していたので、自分の思ったことは結構社長にぶつけていました。

不満は多くあったもののぶつけることが出来ていたため、まだ良かったのかも。(最終的には会社への不信感を募らせて退職しましたが)

 

今の会社は入職前からふわふわした感じでこんなんで良いのかな?と疑問に思うことはありましたが、コネ入職ってこんなんものかなって。

しかし、入職してみるとコネがどうのとかそういう問題ではなかった。

体制の未整備が大きくあり、創業10年以上になる会社とは思えないぐらいになあなあな感じ。

そして、1日目からいきなりの人事異動の通達。

今思えば入職前にある程度の話はしていたが、どこに配属されるかわからない状態で入職したことが一番の原因。ここをもっと詰めていれば解消された問題かもしれない。

ユーティリティープレーヤーでどこでも働けます的な話をしていたことが裏目に出る。

まさかまさかの高速道路を使って、車で1時間のところに配属されるなんて夢にも思っていなかった。

しかも配属された事業所は空中分解寸前。部署ごとの溝がすごくて埋まる気配なし。互いに内心では相手に対しての不信感を頂き、心が離れまくっている。

本心を語る職員はおらず。

建前だけの集団。建前だけと言ってもそれは対外的なものであって、事業所内では建前すらない。というか会話がほぼない。

そんなところに配属されて。

さらにはそこをなんとかしてくれとリーダーを任される。

人見知りである自分にとってこんな仕打ちってある?と毎日疑問を抱えながらの1時間車通勤。

ストレスMAXで気軽に相談できる仲間もおらず。半年が過ぎ自分なりに打ち解けようと話かけていた相手に何がきっかけか忘れたが、「お前は空気作りを任されているんだろ?もっと責任を持って対応しろよ」と切れられる。

その人の方が1年早く入職しているが、空気作りに協力するどころか空気を読めない発言を繰り返して、事業所全体のミーティングで毎回空気を壊すのでその人のせいでミーティングがいつの間にか自然消滅。

去年の1月から入職し、入職直後に雪が降り通勤が大変だった経験を通して、2度目の冬を迎える前に事業所の近くに部屋を借りるので引っ越したいと社長に言うとなぜか良い返事はもらえず。

この時点で自分の気持ちが完全に切れた。

何のためにこの会社に来たのかと我に返ってしまった。

入職前に社長と話していたプランが色々とあり、自分の中で協力できる部分は色々とあると思っていた。

しかし、そのプランに自分が参画することはなく、自分が不在のままでプランは実行され、一度も声がかかることはない。

会社であるので、従業員の思い通りに事が進むはずはなく、会社の意向に合わせて従業員は働くのも当然のことであるという認識もある。

しかし、従業員の意向を確認する機会があっても良いと思う。たとえそれが実現することはないとしても。

その点が全くない今の会社にはほとほと愛想をつかしてしまった。

やはりコネ入職にはメリットもあればデメリットもある。

なんでもそうだけど。その点を把握した上で入職していればこのような気持ちになることもなかったのかなと後悔している。

導入が間違えるとあとにどれだけ修正しようとしてもなかなか思うようには進まない。

今回も次に繋がるような良い経験ができたなと思う。

・コネ入職には気を付けろ!

・物事にはメリット・デメリットがある!

・口約束ではなく、形に残すこと!

・後から何を言っても最初に決めてなかったらただの文句!

 

またとりとめのない文章を書いてしまった。

文才のなさに今日も辟易するが、書いているとすっきりする。

これからも自分の内面を文字に起こして頭を整理させよう。

社長に退職の意向を伝えましたよ。

今の会社に入って1年ちょっと。

仕事だけでなく、周囲の人間や地域とようやく馴染んで来たタイミングですが、今年で退職すると社長に伝えました。

来たばかりと言えば確かにそう。

でも昨年から不満を言い続けて自身で処理できるものもあればそうでないものもあり、処理出来ないものが増え、それが大きなストレスして自分にのっかかって来たので辞めます。

 

そもそも、この会社にはある意味ヘッドハンティング的な形で入社しました。

ある新規プロジェクトを運営していくためにそこに加わって欲しいと。

プロジェクトには結構な予算がかかり、事業化するにはそれなりのハードルをクリアしてからでないと開始できないと言われており、私のポジション的には事業化されてから関わるという方向で話がなされておりました。

それは承知の上で入社し、しばらくは本社の他部署での業務で働き、徐々に新規プロジェクトに業務が移行していくのだと入社前は思っていました。

 

しかし、入社当日に言われたのは支社の営業所に明日から行ってくれと。

借りた部屋からは高速道路を使って、1時間のところまで。

まあこの時点で、は?となっていました。

理由は営業所内での人間関係のトラブルで折り合いがつかず1人を別営業所に異動させるため、人員が補填出来ず、その穴埋めをしてくれと。

このトラブルは私が入社する1〜2ヶ月前から表面化しており、対処の方法はいくらでもあったはず。

しかし、私には入社当日までなんの連絡もない。

事前に連絡があれば心の準備のしようもあるが、なぜ入社日に。

しかも、支社の営業所に。訳わからん。というスタート。

その数ヶ月後にはまとめ役がいないからやってくれと。本社に戻す気全くなし。

期限も言い渡されずに半年以上が経過した。

期限がないのであれば、通勤時間がもったいないと考え、支社近くに部屋を借りたいと言うと、それはダメだ。また本社に戻ってくるんだからと。

ここでも????

じゃあそれへいつなんだと。

こんな状態だったので、昨年末時点で不満がピークに達しており、退職を検討し始めた。

年齢も考慮し、将来性を考えた場合希望の部署で働けないのであれば、なんの縁もない会社に居続ける理由が何もないと判断した。

ある程度決意が固まっていたが、決断までには至らず、何度か社長と顔を合わせる機会はあったがそこでも話はない。

こちらからアプローチをすればなんらかの変化は期待出来たかもしれないが、それすらも行動する意欲がなく。

社長に対して期待をする気も起こらず。

そこら数ヶ月が経ち、ついに3月の中旬に社長に退職の意向を伝えた。

社長の反応は、「ほんまか、残念やな」、「期待に添えんで申し訳なかった」以上。

先のプランは何も無かった様子。

「〇〇までには本社に戻すつもりやったんやけどな」とかそんな話もない。

この1年は一体なんのためにあったのかと思わされた話合いだった。

でも勉強になったのも事実。

どこまで行っても最終的には自己判断で自分が選んだ道がたまたまそんな道だったってこと。

タイミングが悪かっただけ、運、不運はその時の選択の仕方によって変わるんやろなと感じた。

学びがあっただけ救われる。

さて次はついに淡路島かな。

実は日記を毎日書いている

誰にもどうも思われないし、なんの興味もないと思いますが、実は毎日日記を書いています。

それも3年前から。

3年日記の日記帳に日々のちょっとしたことを書いています。

きっかけは知り合ったじいちゃん、ばあちゃん達が意外と日記を書いていたからです。

じいちゃん、ばあちゃん達は特別に何を書く訳ではないけど書いていると。

特に農業をやっている人は書いている人が多かったです。

去年の今頃はどんな天気だったとか、どの時期にどんな作業を開始したのかとか、とにかく記録に残していました。

今だと紙に記さなくても、データで残しとけばいいって話ですが、70歳以上の人と関わることが多かったのでその世代の人達にとっては紙に記しておくということが普通だし、逆にそれしか方法がないんだと思う。

でも記録に残し続けるという行為自体がすごいなと思う。長い人なんかは4〜50年ぐらい続けていると言っていた。

なんという根気の強さ。何気ないことだけどそれだけの年数続けるということは並大抵ではない。

でもなんのことはないとその人は言う。

 

そういうのがなんとなくかっこいいなと思って始めた日記。

最初は気合入れて書いたけど、三日坊主か好きな私は割とすぐに書くことを忘れており、1ヶ月ぐらい飛ばすのが当たり前な時期もありました。

最近でこそ書かない日はないぐらいな感じになってきましたが。

私も特段何か書くということはなくて、その日の天気、食べたもの、起こった事を簡単に書くぐらい。

書いたからと言っても何かに生かされている訳でもなくただただ書いているだけというような感じ。

でも書いているとなんか楽しい時もある。

あと書いた日記を振り返ってみると結構面白い。

ブログ書いてるから日記帳じゃなくて、ブログに書いたらいいのにって自分でも思う。

でも実際に手を動かして字を書くという行為自体がなんとなく気持ちいいというか、気分転換になる。

ブログももちろん自分が生み出したものであるのに違いはないけど、キーボードで入力されたものと自分の手を動かして紙に書かれた文字を見るのとではなんか違う。気持ちの乗り方もなんか違う。

文字を書いた場合は自分で作り上げた感がなんか強いから、後で読み返すことが時々あるけど、ブログはあんまり読み返すことはない。

日記は自分のもの、ブログは他人のものって感じ。

愛着の持ち方が全然違うから、今後も日記帳に手書きで日記を書き続けたいなと思う。

自分の健康観

ブログを始めた当初から健康に関してはちょこちょこ書いている。

その時々の自分の気持ちや勉強している内容によって、私の健康観は変わっているように思う。

つまり、これだ!という軸となるもの健康観が私にはまだ備わっていない。

なんでかな?って考えたら私自身が今現在健康であるという認識がなく、また現状に満足していないことが根本にあると思う。

そんな状態で健康に関して確固たるものを持てる訳が無いと思うから。

数年前まではボディーワーク系に興味があって、勉強はしてないが体験はしててしばらくヨガやジャイロキネシスなどを続けていた。

その当時は健康になるためには体を動かすことが大事だと思ってたし、運動することで健康な身体を手に入れることができると思っていた。

でも最近はなんで運動せなあかんの?と疑問に思うようになってきた。

確かに運動することで心身ともに爽快な気分にはなる。でもそれを続けるということは運動がないと健康を保てないという状態であるという裏返しではないか?と思うようになった。

それはさながら高血圧の人が降圧剤を服用しないと血圧を管理できないのと同じではないか?と。

ある意味運動に依存しているような気もする。

日常生活において適度な運動量を確保出来ていれば敢えて運動の時間を確保する必要はないはず。

健康の為ではなく、ただひたすらに自分を高めたいとか、運動をすることで心身を鍛えたいという人は運動すれば良いとは思うし、運動を否定するつもりは全くない。

しかし、運動すれば健康になるし、健康な人は運動してるみたいな安易な発想で運動を推進するのはどうかと思う。

運動はあくまで嗜好品のようなもので、好きならやれば良いし、嫌いならやらなくても。

というか運動しなくても健康は担保されるはず。

体を動かす仕事が多かった時代では仕事以外の時間に健康のために運動なんかしなかったんじゃないかな。

運動量は確保できてたんだから。

産業を増やすために運動を推進してるんじゃないかなって、ひねくれた私は邪推してしまう。

フィットネスに通っている人やマラソン大会に出ている人を見るとなんとなく悲しく感じる。

檻の中で一生懸命回し車を回してるハムスターみたいに見えてくる。

そのエネルギーもっと他に使えるんちゃうかなと。

たくさん運動しても怪我しない人はいいけど、それで怪我して病院に通ってる人見ると何してんなやろってほんまに思う。

 

あ、なんか最後は否定で終わってしまいましたが、健康と運動はデータ的には直接的な関係はあるのかもしれないけど、なんか違うんちゃうかなーって思ったのでその思いをここ記しました。

 

毎日気持ちよく過ごしたいなー

フランス語ってなんか気持ちいいから好き

フランス語準2級を今年受けます。

フランス語を勉強しだして、かれこれ5年以上になるかと思います。

まあでも途中何度も中断しているので、総勉強時間は200時間にもならないかもしれませんが。

始めたきっかけはフランスに眼鏡を買いにいくためでした。

メガネが欲しいと思ったのはこの雑誌の特集のせいです。

「男が知るべき、男のパリ」

https://www.amazon.co.jp/Pen-%E3%83%9A%E3%83%B3-2011%E5%B9%B4-10-15%E5%8F%B7/dp/B005MRLZIC

 

この特集で「メゾンボネ」というオーダーメイドでしか眼鏡を作っていない店がありまして、ここの店でなぜかどうしても眼鏡を作りたいと思って、行くことを決意しました。

しかし、オーダーなので店員とコミュニケーションを取る必要があります。

そこでフランス語を勉強しないとなと思って勉強を始めました。

 

始めはそんな感じでしたが、だんだんと勉強を進めていく内に楽しくなって、フランス語自体が好きになってきました。

フランス語の良いところはなんと言っても音の美しさだと思っています。

フランス語の勉強を始める前はなんとなく暗いイメージでしたが、よくよく聞いているとなんとなく会話というよりもさながら音楽のように私は感じました。

だからフランス語は何回中断しても戻ってこれるのかなと思うし、辞めてもまたやりたいと思うのかも。

 

フランス語を勉強したことで多くの経験をすることが出来たし、フランス語をこれからも続けてフランスのことをもっと知りたいなと思っています。

そのためには自分のフランス語をもっと磨いてフランス人とたくさん話せるようになりたいなと。

会話するためには検定は特に必要ないかとも思うけど、せっかく勉強するんやったらなんか目標があった方がいいなと思ってちょっとずつ受けています。

ゆくゆくは1級とりたし、取れたあかつきには通訳案内士の資格もとりたい。

妄想ばかりが広がりますが、こういうのがあると自分は頑張れるらしい。

プレッシャーになる部分もあるけど、よい刺激にもなる。

最近サボりがちですが、これからもぼちぼち続けていきたいなと思っています。