シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

自分の価値観

生まれた町への思い

最近人に地元のことを紹介する機会があった。 今までもどんな町か?というのは聞かれることはあった。 すごくシンプルな質問だけど、地元がどんな場所か?というのを深く考えたことがないし、住んでいるとなんでも当たり前に思えるから地元には何もないとい…

中庸というものを改めて考えてみる

昨日はフラワーエッセンスのセッションを受けてきた。 その中で自分の普段の思考パターンについて気づかせてもらうことができた。 その点とはある物事に対して出た結果について自分は全て出来なかったことについてしか目が向かないということ。どうしても出…

計画性という人生最大の課題

自分には計画性というものが全くない。 そのため、いつも締め切り間際に焦っている。 夏休みの宿題が最終日までに終わっていることは一度もなかった。 実習のレポートが期日に間に合わず逃げたことがある。 勉強会の準備を怠り、発表の前日に徹夜したことが…

自分らしく生きるということの無理さ加減は飛んだ夢物語であるということを誰も教えてくれない。

「自分らしく生きる」 結構どこでも見るコピー。 誰もが当たり前のことのように言う言葉。 そもそも「自分」というものを認識できていない人が多いこの世の中で、 誰が一体このありきたりの言葉を達成できているのか? 「自分らしさ、その人らしさ」 すごく…

転職してから半年以上が経過してみて思った色々なこと。

昨年末で東北での仕事に一区切りをつけて。 北陸の地にやってきた。 農とリハビリテーション的なことを結びつける。 というか農と高齢者の役割作りさらには健康づくりまちづくり、ぐらいまでいけるのでは的な希望を持ってやってきた。 しかし、蓋を開けてみ…

結局は答えがでない文章を今日も書き続ける。

半年ほどブログから遠ざかっている。 書く内容がなかったと言えば確かにそう。 家にネット環境がないというのもそう。 iPhoneでは書く気がないというのもそう。 忙しくてブログまで手が回らなかったというのも確かにある。 しかし、どれも理由としては成立す…

それなりの組織にはそれなりのルールがある。突き抜けられないのは社員ではなく社長のせいだと思ってしまう。

久しぶりにパソコンを開きブログを書こうと思ったきっかけが、また愚痴になろうとは...すごく残念で仕方ない。 昨年末に退職した職場は自分が入職した時点では創業2年弱のベンチャー企業。給料等の待遇面では居住地域の水準を大きく上回るものだったので…

方向性はどんなものにもあり、方向性を知ることが目的地を知ることに繋がる場合もある。まずはそれを身体で体現したい。

最近アレクサンダーテクニークで学んだことを書いてみます。 「身体の方向性」が大事だと教えてもらいました。 最近からだが縮こまったような感じがして身体に違和感を覚えていました。どれだけ伸びをしても伸びなくて。やればやるほど背中の一部が緊張して…

工事現場はいつまで人間に任せるの?

被災地に住んでいると毎日大型トラックの往来を目にし、働く車を全てみれるのではないかというぐらい重機を目にします。 そんな工事現場を見て最近思うのが、 ・高齢者が多い ・無駄に人数が多い ・結構危険そう ・効率悪そう 被災地の工事現場には人が足り…

やっぱり医療は人工知能に任せましょう!

以前こんな記事を書きました。 spidy460.hatenablog.com そして最近こんなニュースがありました。 www.huffingtonpost.jp 医師が診断を行う手順を考えると事前にどれだけの医療知識が頭に入っているかということが一番重要となります。 これが大前提でその知…

愛と栄養は同じ

仕事が忙しいというか後回しにして締め切りまじかのものが多すぎて大変。 計画通りにやっていたら今さらこんなことにはなっていない。 やりたいことを優先しすぎててんやわんや。 と言いながら、必要のないブログを書いてしまうあたりが自分の悪いところでも…

「この世界」を生きられるのは他でもない自分だけ。

今日も色々と思考を巡らし、パンク寸前。 どこまで行っても自分のことしか考えられない。 他人を尊重して利他的に生きることなど自分の人生においてはあり得ない様子。 所詮は自分は自分。 自分があっての「この世界」 「この世界」と定義できるのは自分のみ…

退職の前に一仕事。過去の二年より濃密な一年に。

今年の年末で退職することを社長に宣言してから、早いもので1年が経ちました。 あの日以来会社の中の状況は目まぐるしく変わり果たして自分は本当に2016年末に退職できるのか不安な時期もありました。 宣言した当初私は昨年末での退職を考えていました。考え…

今年の目標を立てみて。その内容は人生の課題でもあった。

今年の目標は人生計画を立ててその経過を遂行していくこととしました。 30余年生きてきましたが、未だに計画を立ててそれを素直に遂行したことはありません。 それには自分に原因があるのでしょうが、未だにその原因が解明できていません。 今のところもし…

自分の考えは具現化される。そしてまた一人自分の下から去っていく。

退職を決めてからおおよそ一年が経とうとしています。 退職をするきっかけは多くありますが、 飽きた 社長が信用できない 寒い 地元になかなか帰れない こんなところでしょうか。 まだありました。スタッフと良好な関係を築けない。 実はこれが一番自分の中…

問題を極限まで細分化すると人は混乱し、恐怖を覚え洗脳される。

去年から治療系の勉強会に参加しています。(一応理学療法士としても働いています。) 勉強会の内容が高度化するにつれて対象となるものが目に見えないものとなります。 もちろんそれは非常に大事な部分であり、治療がはまれば効果は大きいのかもしれない。 …

医学書は読みにくい。特に訳書はひどい。

医療・介護業界で仕事をしているので、仕事のスキルを上げようとすれば必然的に勉強する必要があります。 勉強の方法は人それぞれで ・先輩から聞く ・研修会などに参加する ・本を読む 簡単にあげるとこんなものでしょうか。 一番簡単で費用も掛からないの…

富裕層になる人は感覚がいいからいっぱい仕事をこなすしかない

お金持ちの人はすごくたくさんの時間を働くことに費やしている。 仕事が好きだからたくさん働くということもあるのでしょう。 しかし、実際は違うんちゃうかなってふと思いました。 仕事ができる人は人間が本来持っている感覚が一般人と比べると極めて鋭いの…

高齢者は田舎ではなく都会へというのはちょっと違うくない?

昨日のニュース番組で「地方創生のために人口が減っている田舎に高齢者を移住させる。」というニュースがありました。 ただでさえ高齢者が多い場所に高齢者を住ませてどうするの?と率直に感じました。 田舎では今高齢化率が高まり、私が住んでいる市(人口2…

リハビリテーションってそんなもんです。

リハビリテーションは誰がやってもいいんです。 所詮はそんなもんです。 だから治療の概念とかをリハビリテーションに持ち込む必要はないんです。 リハビリテーションやってる人が偉そうに治療のことを語ってはいけません。 リハビリテーションは保険でやっ…

療法士は「治療家」ではないと思うのですが。勘違いせず療法士として生きればいい。

昨日とあるセミナーに参加してきました。 私は治療することやリハビリをすることが好きではありませんが、セミナーに参加して自分の知らない技術を学んだり、講師の先生の話を聞くのが大好きです。 今回のセミナーに参加した動機も上記のことができると思っ…

生まれてきた意味はそんなに重要?見つけたところでなんなん?別にすごないよ。

自分が生まれてきた意味って生きる上でそんなに大事でしょうか?人間自体がなんで存在するかわからないし、地球もなぜ存在するかわからない。宇宙のいみもわからない。そんなわからないことだらけの中で、自分の生まれてきた意味を見いだすことにどれだけの…

気づきからの気づき。感情・感覚を認識しても表現できないうちは迷走が続く。

現実世界と自分に折り合いをつけるためにこのブログを書くのがこのブログの目的。 spidy460.hatenablog.com 現実世界で起きていることと自分の頭の中はすごくかけ離れているというか、 頭ではすごく楽天的な部分がありつつも現実世界で演じている自分はもの…

マイナス発言連発の自分。マイナス思考は複雑な思考の始まり。

自分の過去のエントリーを読み返すと残念なことに気づきました。 基本マイナスな否定的発言が多い。 マイナスなエネルギを下に記事を書いています。 これのどこがシンプルでしょうか? シンプルというのはこんなものではないはず。 ブログタイトルに「シンプ…

残念な社長のその部下。私は残念な社長を選びました。

久しぶりに社長への不満が爆発しております。 なぜうちの社長はこんななのだろう。 残念すぎて言葉がありません。 イライラは募るばかり。 この社長を選んだのは自分自身であり、責任の追及先は結局自分でしかない。 でも自分そんなに人間できてないっす。 …

療法士が社会から認知されるためには何が必要か。

相変わらずリーダーについての記事はPV伸びてません。 まあいいんですけどね。どうせ自分の愚痴を述べている記事にすぎませんので。 今日はそんなリーダーについてのお話はなしにして、気分を切り替えて今まであまり書いたことがない自分の仕事である療法…

リーダーの危機。もう2度とは来ないチャンスを如何に大事にできるか。一期一会とは自分のためにある言葉である。

さっき書いたばっかりなのになんか過去記事軽く読んでたら、また思いが湧いてきてなんか書きたくなってきた。 今の現状を報告すると事業所スタッフは自分を含めて現在5人。 自分は管理者の立場。 年齢は自分が2番目で他は自分より若い。平成生まれもスタッ…

自分の想いをただ綴るだけが結局のところこのブログの目的地。

ブログを書いていますが、良記事を量産すると4月に言いましたが、自分のペースは特に変わらないようです。 自分の書きたことを書くというのがやはり基本スタンスであり、継続するには自分のペースというのが一番大事だと気づきました。 どんなに気合入った取…

シルバービジネスではなくシルバーが支えるビジネスを。

あったらいいなこんな仕事ということで、このブログを始めてわりと最初の方に書いた記事の内容について再考します。 あったらいいなシリーズ② - シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 spidy460.hatenablog.com こちらの記事なん…

脳はなんてアーティスティックなんだー!

今日久しぶりにアレクサンダーテクニークのセッションに行って来ました。何気ない会話から始まり、最終的にはいかにして身体を動かしたり、頭を使うのかというちょっと哲学的な話になりました。しかし、それがアレクサンダーテクニークだそうです。なんとも…