シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

あったらいいなシリーズ④

今日は病院について。こんなのどうでしょう。

カゼかなと思っていっても待ち時間すごいかかりますよね?その割りに診察は一瞬。
そんなだったら、医師に診察してもらう必要ないんじゃないかと思います。

それに処方してもらう薬も症状がかるければそんな大きく変わりませんし。

費用対効果として病院側・患者側の両方においてすごい無駄じゃないかなーと思います。

診察患者が多いと、医師もその人達を早く捌こうと診察は形式ばったものをして終わり。これじゃ診察の意味はありません。

じゃあどうすべきか?
「自動診察マシーン」がいいんでないかと思います。
どんなものかといいますと、形式的な検査はこれ一つですべて網羅できます。

電話ボックスの様な形状をしており、その箱の中に入ります。
タッチパネルで問診(わからない場合は音声案内で)を行い。
そこから得られるデータで、採血やレントゲン撮影を行います。

軽い症状であれば、これだけでオッケーでしょう。
これでも不安だと言う方は医師の診察を受ける。
もしくは異常が出た場合は医師の診察を受けるという形にすればいいでしょう。

このマシーンを使うことで患者側は無駄な待ち時間を省ける、一律の治療を受けられる。
また病院側はしっかりと診察する必要がある人に時間を避ける。

一挙両得ですね。

まあ倫理的にどうだとか、患者の心理面に配慮してないと言われるかもしれませんが、それを気にする人は使わなければいいだけです。

あったらいいなこんな病院。近いうちにはこうなるかもですね。