シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

お通じって意外と考えさせられますね。

コントレックスは飲んでますけど、それについては今日は書きません。

 

違った視点で健康について書いていきます。

 

身体を大事にしているかということです。

 

食事に気を付ける、睡眠時間をしっかりと取る、体に良いものを取り入れるなど。

 

どれも身体を大事にしていることに変わりはありません。

 

しかし、それは身体の声に耳を傾けているのとは少し違います。

 

自分が勝手に身体にいいであろうと思って行っていることです。

 

本来身体が欲する者は個人、時間、体調、気分などによって異なるはずです。

 

それなのにも関わらず毎日同じことを繰り返していていいのでしょうか?

 

もちろんルーティンワークを繰り返していることで、いつもと違うということは

感じることはできます。

 

しかし、それがなんなのかは理解はできないでしょう。

 

やはり普段から身体の声に耳を傾けているかどうかでしっかりと声を聞き取れるかどうかの違いが出てくるはずです。

 

なので身体に耳を傾ける時間を設けることにしました!

 

よく耳にする朝活を始めてみたのです!

 

って言ってもただ、朝が目が覚めたときに今自分はうんちがしたいかどうかをひたする感じ続けただけです。

 

したいかどうかというか、自分の小腸は、大腸は目覚めて活動しているのかをひたすらに感じ続け見ました。

 

そうすると小・大腸の動きを感じることができました。

そうすると便意を模様し、幾日ぶりかにしっかりと便が出たのです!

 

ほんとに今日はびっくりしました!

いつも踏ん張らないと出ないものが今日はするっと出て、しかもなかなかのサイズで出てくれたのです!

 

朝からすっきりとしました。

自分はお通じに関しては夜派だと、夜にならないと出ないものだと勝手に思っていました。しかし、本当はそうでなくお通じは朝に出たがっていたのでした。

 

朝の時間はいつもバタバタするので、身体の状態をイチイチ細かく感じるようなことはしていませんでした。

 

実は体は排便したがっていたのに…

そんな些細にことにも気づいてあげられていなかったなんて。ほんとうに身体に申し訳ないと思いました。

 

心身一如と言われますが、本当にそうなのかと今日は思いました。

 

身体と心は別物ではないかと思います。

 

身体はやはり借り物であり、心はまた借り物である。

 

その二つを尊重することで健康が得られる。

 

身体・心に日々感謝をしながら生活をすることが大事です。

 

その感謝の気持ちが健康に繋がる第一歩なんだと排便をしながら感じていました。

 

身体の声に耳を傾けましょう。