シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

あったらいいな⑥

今日のあったらいいな、というかない方がいいな?でしょうか。

格差ですね。

格差って一時期色々と言われていましたね。
格差ってあって当たり前だと思いますし、ない方がどうかしてるんじゃないかなとも思います。

格差って誰かのせいなんかなと思います。誰かのせいかもしれませんが、何ともしようがない部分もあるんじゃないかなと思ったりします。

差はあって当然。差を特別扱いすることはどうかなと。人それぞれ違うんだし育った環境も異なります。頭の良さ、運動神経なんかは違って当然ですしね。

でも唯一なくなったらいいなという格差は医療・介護の格差。
これだけは国がなんとか担保できるだけの策を打って欲しい。

だって元気があればなんでもできるんですから!

健康だけは国がなんとかして欲しい。これだけは絶対守りますよと約束して欲しい!

生活を守るとかそんな曖昧なものではなく、健康を守ります!と。

これを約束される国なんて絶対ないですよね?

健康を守るということは人の身体だけではなく、健康に関わるもの全部を守るということ。

例えば環境の問題。
空気は絶対欠かせませんし、水も絶対に必要。食物も安全な物しか売らない。
これだけでも十分かなという感じもしますけど。実際守られていないことの方が多いですよね?

他にも色々あるとは思いますが、それは頭のいい人に考えてもらうとして、医療・介護の面で充実したサービスが提起されるような世の中になるようになったらいいな。

健康が守られる国。それだけで世界中から人が集まるはず。

観光業がどうのとかじゃなくて、人の健康を大切にする国になって欲しい。
その基盤は既に日本にはあるはず!

やっぱり日本の将来は

健康立国にある!

と勝手に思っています!

あったらいいな医療・介護の格差がない国。