シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

あったらいいな⑦

義務教育の期間健康についての授業がある。

保健体育のような無駄な授業がなくなり、身体についての勉強をする授業が新たに加わる。

そうすることで、自分の身体に興味を持ち身体はどうすれば良く動くのかとか動きのコツを学習したり、人体の不思議について興味を持つ。

保健体育の教師がどれほどの知識を持っているのかはわかりませんが、自分が授業を受けた経験からするとおそらく素人レベルの知識しかないと思います。

それは身体についてもそうだし、トレーニング方法なんかもそうでしょう。

体を育む授業のはずなのにただのスポーツをやったり、集団行動をしたりと何のためにあの授業があるのかよくわかりません。

授業の中で一番役に立たない授業とさえ思います。

勉強の合間の息抜きでしかないでしょう。

そのため保健体育の授業は身体についての知識があまりない体育教師が行うのではなく、身体のスペシャリストがするべきでしょう。

そうすることで大人になっても健康でいるためにはどうすべきかという知識を得られて、どの授業よりも有意義なものになるはずです。

身体の専門家による体育の授業があったらいいなと思います。