シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

機械と人間

毎日更新がこんなにも日が空いてしまいました。

まだ読み終えてない、「クラウドからAIへ」について少し。
雑な言い方ですけど、機械と人間の関係について。
将棋の対決で棋士人工知能との対戦を望まない理由に、人工知能にもし負けたら、棋界への影響が大きいと考えていることに対してコンピュータ将棋の開発者は
「人間は自動車よりも走るのが遅いが、そんなとことは誰も気にしないではないか。将棋だって同じだ。」
と言っています。

確かにそうですよね?人間が機械より劣っていることなんていくらでもあります。しかし、それを問題にしないことの方が多いですよね?

人間が機械に負けることがそんなに問題になるんでしょうか?
元々人間を楽にするために機械は開発されているのですから、人間の能力を越えても何ら問題ないですし、人間のやる作業を機械がやってくれれば人間は生きることに集中できるんだからいいんじゃないかと思います。

それを機械の発達が脅威と感じるのは今やっていることを取られたら自分は何をしていいかわからないから不安なのでしょう。

まあ人間が行っていることなんて暇つぶしでしかないんですからね。
その暇つぶしを取られてしまってら、本当に暇になっちゃいますからね。

まあ人間が衰退しようが、自然や地球、ひいては宇宙にとってはなんら問題ではないですよね。
そのことについて悩んでいるのは人間だけで。勝手に慌ててるだけですから。

機械がどれだけ支配をしようがそんなに気にすることではないようや気がします。

余計なこと考えずに生きることに集中した方が良いかと思います。
ちゃんと息できてるか、ちゃんとそこに存在してるのかに目を向けて自分を見直す方がよっぽどいいですね。