シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

物事はシンプル

シンプルにすることがやはり一番いいのでしょう。

その行為に集中できるから。そもそもなんでもかんでも一緒にできるとかいう発想自体がナンセンスなのかもしれない。

一石二鳥という言葉が既に貧乏臭い。これもセットでお得的なやつはいりません。

先ほど気づいたこと。
自分はなんでも同時にできた方がいいと思っていました。

歯を磨きながらネットをする。
歯を磨きながら、情報を収集できるなんて一石二鳥だなと思っていました。

しかし、結局のところどちらも中途半ばになります。

そんなに簡単にデュアルタスクをこなすことはできないんだと。
それをこなすことができる人は相当な情報処理能力があるということ。
それがない凡人はそんなことをしてはいけないのでしょう。

歯を磨く時はしっかりと磨く、ネットする時はしっかりネットをする。

行為に集中するために空間は区切られているのだと感じます。

風呂場は身体を洗うための場所でテレビ見るとこじゃない。
トイレは排泄をするところであって本を読むところではない。
食堂は栄養をしっかりと摂るところであって、テレビを見るところではない。

機能や物事を分化をすることはあまり良くないことではあるかもしれませんが、空間の使い方に関しては行為に集中するためにも一つの部屋で一つの行為と区切ってしまうべきだと思いました。

非常に良い気づきでした。