シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

リーダーの思惑とスタッフの不安

今日は二ヶ月ほど前に入職した、社会人3年目の女性スタッフを叱ってしまいました。

彼女の立場から考えると今回彼女に課した仕事は荷が重かったということを理解せずに、叱ってしまったのです。

彼女が立ち直れない可能性もあるのかと考えると少しやってしまったなという後悔があります。

事業所のさらなる成長を目指して、業務のマンネリ化を防ぐために何か新しいことをしようと考え、スタッフ3人に対して、私がプロジェクトを考え出しそれぞれ担当してもらうことにしました。

そのうちの一人の女性スタッフに接遇のスキルを向上させるために、接遇マニュアルを作成して欲しいと依頼しました。

その目的としては、彼女の立ち振る舞いがまだまだ未熟であるため、マニュアルを作る中で勉強して欲しいというのがありました。

また立案したプロジェクトの中では一番平易なものを彼女に依頼したつもりでした。

私としては、彼女の教育がマニュアルを作る中で少しはできるし、その調べた内容を発表するということ自体も勉強になるし、他のスタッフもそこから学ぶことができる部分もあるだろうと、いいことづくめで中々のプロジェクト具合だと思っていました。

そのプロジェクトを依頼してから、一ヶ月近くあり、その途中に経過報告をする機会もあり、特に問題なく進んでいるのかと勝手に思い込んでいました。

しかし、今日再度進捗状況を確認したところ、私にはこのプロジェクトは荷が重すぎるからできないとはっきり言われてしまいました。

その代わりに違うことを考えたから、それをやらせて欲しいと言ってきました。

私はそこで何を言っているのか意味がわからなくて、イラっとしてしまいました。

まずこちらが依頼したことをやった上で違うのをやりたいというなら、まだしも何もわからないから違うことをやらせて欲しいというのは順序が違うだろうと思ったのです。

自分がやりたいことだけをやっていいなら、会社ではなくなるし、組織の統率を取ることはできないと思っているからです。

やりたいことをやり、わからないことは途中で投げ出す。それは子供と同じで社会人の発言とは思えないのです。

しかし、彼女の立場からすると、周りは年上で経験年数も上で、自分より接遇のスキルが高いと思われる人に対してどんな取り組みが良いのかを考えるのが難しかったのでしょう。

ましてや、入職してまだ一ヶ月ちょっとしか経っていないのに、馴染む前にそんなことできる方が難しいと考えるのが普通。

こちらの思惑通りに事が進むと思ったら大間違いでした。
確認を常に行いながら、スタッフとの距離感を埋めていきます。
まずはそここら始めよう。