シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

リーダーの悩み 〜チームにとって熱いやつは必要か?〜

チームにはいろんな人材が必要です。

全体をとりまとめる人

サポートする人

作戦を考える頭の切れる人

チームの空気を作る人

きっちり仕事をこなす人

愚直に仕事をする人

バランス感覚がよく上手く立ち回れる人

誰の話も良く聞いてくれる人

変なこだわりがあって効率の悪い人

仕事熱心な人

目配り・気配りができる気の効いた人

若手と呼ばれる人

そして、チーム前進させる原動力を生み出す・作り出す熱い人!

チームの目的にもよりますが、こんな感じの人が必要ではないでしょうか?

この中でも私が重要視するのは最後の熱いやつです。

一緒にいると熱苦しいので私はあまり得意ではありませんが、この人がいないと物事は中々進まないような気がします。

熱すぎると周りからは白い目で見られ、浮いてしまいますが、チームを成り立たせるためには必要です。

そんな人がうちの事業所にはまだいません。自分がその役を買って出てもいいのですが、リーダーがその役をやっちゃうと凄く息苦しい空間になってしまうのかと思って今はやってません。

というか、その熱さを出すのが自分には向いてないように思っています。

だから、熱い人が早く現れたらいいなと思っています。

私が重要視する熱い男が今回のサッカーW杯日本代表にはいませんでした。そのため、前回大会より評判の良かった今回の代表が勝ってなかったのだと自分としては感じています。

成熟したチームなら、実力は別として今回のような代表のキャラクターでもよかったのかもしれません。

しかし日本のサッカーはまだまだ発展途上であり、これが正解だというところにまで達していません。(そんなものが存在するのかはわかりませんが)

もし今のチームでそんな考えの人がいるとするなら、この先そんな人は必要ないでしょう。

スマートに仕事をするだけでは、やはり成果を挙げることはできません。

がむしゃらさというのがチームを躍進させるためには必要です。
そのチームが成熟したものでなければ尚更です。

私のチームもまだまだ発展途上です。その過程では上手くやってみせようとしても上手く行くはずがありません。
なんでもチャレンジして失敗する必要があります。

日々テストを重ね、何が良いのかを模索していきます。

テストをし続けることが成熟したチームになるためのベースです!

リーダー頑張ります!