シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

トドのつまりはリーダーのせい?

窮地に追い込まれています。

新入職員が完全に孤立してしまいました。

しかも女性で25歳、若手の若手。
まだまだ子供です。

後のスタッフ3人は彼女より年上の男性だけ。

お互いに全くハマってません。

これに気づいてはいたけど、そのままにしていました。

そしたら、エラいことになってました。

彼女は昼休み事務所で食事が出来ない状態にまで追い込まれていました。

他のスタッフとも自ら話をすることにも苦痛を感じていました。

恐怖心を抱いた状態で毎日を過ごしていました。

これは所謂イジメでしかないです。

こんな状態になるまで放置していました。

なんとかなるだろうと、いつも甘いめんどくさがりやの自分の性格がここまで顕著に職場の空気を壊すところにまで至るとは思ってもみませんでした。

いや、嘘です!
一度経験済みです。
過去にも私がリーダーになった時のことです。
その当時(たった2年前のことですが…)、私は仕事さえちゃんとこなしてればいい。結果を出せばそれでいい。それがリーダーの役目だ!って思って部内の空気作りなんてどうでもいいと考えていました。

結果、空気は悪く朝や昼休憩ではいつも沈黙でした。

そんな状態でもまあいいやって感じで、後輩の指導もせず、ただ毎日目の前のお客様に対応するだけでした。

その経験があったのにも関わらず今回、同様の失敗をしました。
というか、前のリーダーの時の経験は失敗だなんて全く思ってなかったからでしょう。
その経験は今の今までなんとも思っていませんでした。

今回この一件があって改めて当時を思い出し、その当時のスタッフに非常に申し訳ないことをしたなと感じています。

その当時は完全に他のスタッフも気にしてやれよとか、後輩がちゃっちゃと動けよなんて心の中で思っていました。そのせいでスタッフが思うように動かなかったのでしょう。後輩達は私の言動・行動をずっと見ていたのでしょう。
そのため顔色を伺いながら行動し、私の感情を揺らさないように対応していたのでしょう。
リーダー失格ですね。

リーダーは空気を作ることが一番の仕事です。
それが出来ないリーダーは部下を持つべきではありません。

能力があるなら一人でやってればいいんです。

能力がないなら、リーダーとしてやることは空気を作ること。
息のしやすい空気を作ること。
後に続く人に道を作っていくこと。
その背中を見せること。
その上で発信し、スタッフの心に火をつけること。

そうなって初めて一端のリーダーです。

私はまだまだ名ばかりリーダーです。

ただこのままで終わるつもりはありません。

空気を変えます!
仲間を作ります!
会社を良くし、社会に貢献します!

自信はないがやらないと、新入職員を動かすことはできません。

できないものをできないとしてしまっては先に進みません。成長は望めません。

行動すればなんとなかる!流れに任せてなんとかなる、時間が経てばなんとかなるって訳じゃないってとこを見せつけます!

そして私だってできるんだ!って思って欲しい!
彼女にだって自信を持って欲しい!
それが私の願いです。

まさか2年後にこんな考えを持つなんて、あの当時の私には考えもつかなかったでしょう。

その点では成長したんじゃないかな〜

まあとりあえずやってみます!
やりゃいいんでしょやりゃ!