シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

あったらいいな⑪

今回で11回目になりました。

 

今回のあったらいいなは医療の訪問サービス化です。

 

いろんな人がすでに考えていることなので新しいことはないとは思いますが、

自分の見解を述べていきます。

 

医療をより安くサービスを提供するためにはコストを減らすことが大事ではないかと思います。

 

そのためには建物・機械をできるだけ使わない医療を展開したらいいんじゃないかと思ってます。

 

そうすれば維持費がかなり抑えられるのではないでしょうか?

 

本当に検査が必要な人に関しては公立の病院にいけば良いと考えています。

 

建物・機械が最新だからと言って高水準の医療が受けられるとは思いません。

 

医療者のレベルが低ければあまり意味がないと思っています。

 

前のエントリーで述べたように診断はAIを利用したものでいいかと思いますが、

その後の医療においては機械だけでの対応では不安を感じる方もいると思います。

 

そして、居住地域によっては通院が難しい方がいるとも思いますので、医療の完全訪問化により取りこぼしがなくサービスを提供することができればいいのではないかとふと思いました。

 

今はICT化が徐々に進んできているので、今後訪問が中心になっても情報が取れないという状況にはまずならないと思います。

 

そうすれば訪問が中心の医療になってもいいのではないでしょうか?

 

訪問だけでは無理な人に限って公立病院を受診するという形にしていけばよいかと思います。

 

建物にお金をかけずに人にお金をかけるようにすればいいのではないでしょうか?

 

今後医療についてもう少し具体的に提案をしていきたいと思います。

 

今日はこの辺にしておきます。