シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

人間は完璧ではないから。

医療だけがなぜ完璧を求められるのだろうか?

命を預かっているから?

人の体を扱っているから?

でも他の業界でも人の体を扱うことはある。

乗り物は人を乗せて移動する。

運転してるのは人で命を預かっている。

でも医療ほどシビアな仕事には思われていない。

一歩間違えれば医療よりたくさん命を奪うのに。

人間に完璧を求めるのは無理。

やはりどこかで限界はくる。

医療のサービスを受ける側、提供する側の両方がこれを理解しておく必要がある。

医療者は聖職者ではなく、普通の人間です。

医療は日常に関わるサービスの一つと考えた方がいいんじゃないかな。

他のサービス業と同じだと捉えられないか。

化粧品や健康食品は命や健康を害するものである可能性があるのに完璧を求められない。

世の中の認識の違いだけのような気がするけどな。

自分が命の危険に身をさらしていないからそう感じるのかもしれないけど。

それでもはっきり言えるのは医療者は聖職者ではないということ。
きっと妥協することもある。人間だから。
それが嫌ならロボットに医療を提供するように求めた方がいいのかも。