シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

世代間ギャップ

最近畑を使わせてもらっているお宅に入り浸っています。

晩ごはんはほぼ毎日頂いてます。

そんな立場にあるだけに偉そうなことを語ることはできないけど、感じることを少し。

ご主人が75歳、奥さんは66歳ぐらい。

私の父よりも年上のご夫婦。

考え方がまるで違うことが時々あります。

最近よく感じるのは仕事に対しての考え方。

仕事は何より安定が大事。楽しさよりも安定している仕事が良しとされる。

私は現在医療職であるため給料がそれなりで年寄りがこれから多くなるんだからそんないい仕事はないと言います。

なので私が畑をやりたいって言っても一向に取り合ってくれません。

それには色々な理由があるのは自分でもわかってます。

特に感じるのはそんなに簡単にできる仕事じゃないんだから無理をだということです。

要する単に興味があってやりたいというぐらいの気持ちでは勤まらなんと言いたいのです。

何の仕事でもそうだということはわかってるし、大変だということもわかるけど試しにやらせてくれてもいいんじゃないかなと思う。

親心のような感じでやめておけと言っているということも重々承知の上での話だと自分では思ってるけどそれが中々伝わらない。伝え方がまだまだ足りないところが今後の課題。

結婚に関してもしつこいぐらいに毎回言われる。結婚なんてしてもしなくてもどっちでもいいと考えてる自分にとってはこの話題に関してはほんとにうんざりしてる。

これも親心からくる発言だということもわかってるが、こっちが何度興味がないと言ってもしつこく言ってくる。

この文章書いてて思ったけど自分はよほどあいされてるんだなと気づきました。

ご夫婦に感謝です。

ただ自分としてはやりたいことをやっていこうと思うから畑はやるつもりだし、結婚は当面考えていないのは変わらない。