シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

老人とロボット

仕事中にふと思い浮かびました。

 

デイサービスに行っても折り紙をしたり、色塗りをしたり、計算をしたり。

 

老人は生産性のないことをやってます。

 

もちろんいままで一生懸命に働いてきたので、ゆっくりしてもらうことは大事かと思います。

 

でもさっき挙げたような内容は暇だからするのであって、何かすることがあればやる必要性のないものばかり。

 

デイサービスは暇つぶしをしに行くところなのでしょうか?

 

もっと世の中のことを考えると違う取り組みができるのではないかと思っています。

 

身体が不自由だからとか体力がていかしているからとかそんなことはただの言い訳にすぎないと感じています。

 

今の世の中ロボットという便利なものがあるのだからその力を利用して高齢者でもできる仕事を作り出せばいいと思う。

 

そうすれば働き手の供給不足を少しでも減らすことができるのではないでしょうか?

 

元気な高齢者をデイサービスやデイケアのような暇つぶし施設に通わせていてはいけません。

 

やはり死ぬまで働いてもらい、社会に貢献するというところを生きがいにして死んでいってほしいものです。

 

その間若者は若い時にしかできない経験をしっかりと積むような社会のシステムが構築できればよいのではないかと思います。

 

老人とロボットが支える社会はすごく効率的な考え方ではないかと自分で納得しました。