シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

何故辞めたいか冷静に振り替える

辞めたいと思ったのはいつからか?

就職してこっちに来た初日。

何が辞めたいと思わせたのか?

知らされていない会社の実情を知った時。
社長のやり方に嫌気がさしたから。

どんな実情だったのか?

事務所の土地を借りている大家と揉めてその土地を出ないといけないという実情。そしてその大家は会社の元副社長。何名かの社員はもと副社長の興す会社に就職し、事業所を継続するためには自分が就職しなければどうにもならなかったというまさかの事態。

社長のやり方はどんなものか?

まず面接の時間に遅刻してきた。待ち合わせ場所の近くにカフェがあり社長は誰かと話をしているのを私が目撃したが、遅れてきた理由を誤魔化したところで既に少し不信感を感じていた。
しかし、早く就職をしたかった私は我慢をして就職することに。

現地に来てみると上記に書いたような実情があり、さらに社長は薬剤師兼経理の女と不倫している疑惑が自分の中で湧いてくる。数日後それが事実であると他の社員から聞かされる。

社長は基本的には方針を持たず、知り合いから聞いたことやテレビで見たことを真に受けて方針らしきものを掲げるが情報や信念が籠っていない方針には誰も反応がない。
今やっている事業において熱意というものが薄い。
張りぼてのやる気をかざして最もらしいことを語る。
そして社員との溝を深める。

報告・連絡・相談を繰り返し社員に徹底するよう求めるが自分が徹底できていない。

方針がない上に最終決定は管理者に決定させ、責任を負うという姿勢が見えない。

色々と事業を展開しようとするがどれも時代遅れのものでしかも自分で考えたものではないから上手く行くものがない。
軸がないのに肉付けをしようとしても形が形成されるはずがないのをわかっていない。

学歴は高いと言うが物事の道理を理解していないように思う。

とにかく発言に重みがない。

社長以外に不満はないか?

業務自体が好きではないらしく、お客様に対しての思いが年々薄れてきているように思う。
お客様が抱える問題の大きさに対して自分の責任感の小ささを比較するとこの仕事を継続してはいけないと感じてきた。

自分自身に対しての不満も大きく、他の社員に対しての不満は少ない(残念な社員が今月末で辞めるということもある)

事業に対してのモチベーションが圧倒的に下がっていることが最も大きな原因である。

この仕事が嫌になってきた。


今日色々と冷静に辞めたいという気持ちに目を向けて見たが最終的には感情論。自分の思いが仕事に向かないことが一番の原因であるということが明確になった。

辞めた後のリスクを色々と言われるが、そんなことは知ったことではない。
嫌なんだから辞める。ただそれだけ。

シンプルに生きるためには今これがやりたいと思うことを子供のようにやってみるという感覚を大事にしたい。

数年後に振り返っても後悔することはないぐらいに考えた結果が辞めるということ。

いやー辞めた後の人生楽しみー