シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

考えは変わるし変わることを受け入れる器量が必要

去年の4月にブログを開始しました。

ブログの目的としては身体について自分なりに感じたことを書いていく覚書のためにと思ってました。

でも最近は自分のぼやきのような事ばかりを書いていることに気づきました。

その割に昨日のブログ閲覧数が今までの何倍もの閲覧数で焦りました。

誰も読むことはないだろうと思って書いてたのに二桁の人が見るとは思いませんでした。

ただ誰かに見てもらうために書いてる訳でもないのでこれからもっとたくさんの人に見てもらおうと特段努力することはないかな。

ブログの主旨・目的は人それぞれだから誰かが見ようと見まいと自分には特に関係ありません。(でも閲覧数増えてめっちゃ嬉しいのは事実)

誰かを対象として書くわけでもなく世の中の人々に何かメッセージを送りたいというおこがましい気持ちなんてさらさらありません。

最初は身体について書こうと思ったけど、そんなに当初ほど身体に対しての熱はありません。

今は普段の自分の愚痴と妄想がメインです。

あと今後は一昨年行ったサンティアゴデコンポステーラについての覚書を欠いていこうと考えている最中。

当時のことを思い出すと未だに昨日のことのように思い出します。

なのでこの記憶を無くさないうちに記録しておきたいと思っています。

とりとめのない自分の考えを記録しておくことで現在の自分と過去の自分を見ることができその変化が面白いなと自分で感じています。

卒業文集を見返しているようで、ようその時こんなこと考えたなーと思ったら恥ずかしくもあり、面白くもあります。

自分にとってのブログは結局その程度のものでしかないんだろうなと感じています。

商売のために頑張ってブログを書いている人は大変だなと思います。

趣味が仕事になるのは羨ましいなっていう人がいるけど、ほんまにそうかなと思います。

趣味で食っていけるということは努力をせずに生きていけることじゃないかなと思います。

仕事をして食っていけるってことは努力をしないと生きていけないということじゃないかなと思います。

趣味は努力してやってるなとか頑張ってるなと感じた時点で趣味の範囲を越えています。

そもそも趣味は暇潰しのためにあるもの。

仕事が休みの時にやることないなーって思ってなんかやってみてはまったなーっていうのが趣味。

仕事は「努力しないと!」とか「頑張らないと!」と思ってやるもの。目の色変えてやらないといけないもの。失敗を極力少なくできるように努力するもの。

趣味は成功しても失敗してもどっちでもいいもの。結果は問われない。たのしけりゃそれでいいっていうやつ。

仕事は必ず結果や成果を問われる。金をもらっているやってるんだから当然。プロセスがどれだけ良くても金を貰えるだけの価値がなければそれは仕事ではない。

だから趣味を仕事にするということはちょっと嫌なことでもあるんだろうなとも思う。

成果や精度を問われ出すと人は変わると思うし、その状況を楽しむというのは間違っているような気がする。

仕事は死ぬ気でやるもの。

趣味は遊びでやるもの。

でも趣味でお金を稼げないという訳でもないと思う。

自伝本なんかただの趣味。

自己満足で終われるものが趣味ということですね。

他者満足をしないと終われないものが仕事。

そう考えるとプロスポーツは趣味と考えてもいいかもしれない。

チームがどうなろうが自分が成績残せればそれでいいし。
個人種目でも観衆が満足しなくても、汚い手を使っても自分が勝てばそれでいいし。

他は思いつかへんけど自己満足で終われる仕事というのは極めて少いように思う。

趣味でなんとか生きて行けへんかなー
頑張りたくないわー

歯を食い縛るとか嫌やわー

でもブログで飯食って行けたら趣味で生きたってことやな(笑)

ええこと思いついた。