シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

値段の決め方

値段の決め方ってどうやってるのか?

 

売り手、買い手のどちらかが値段を決めると思うけど、ほとんどが売り手によって値段が決められていると思う。

 

それの方が楽だし、今の社会ではそうすることが一般的になっている。

 

でも医療サービスの値段に関してはいつも疑問に思う。

 

薬なんかは特によくわかならい。開発コストが莫大だということはわかるけど、何年たっても同じ値段で変わらないものもある。

 

何年かすれば開発コストはペイできるんだから、ある一定の期間がくれば値段を下げるような工夫はできないのだろうか?

 

最新の薬と以前からある薬とで使用目的が同じなら、値段に差をつけて選ばせるという方法をとってもいいのではないかと思う。

 

また医療費に関してはもっと疑問に思う。

 

ただ話を聞いて終わる診察になぜ何百円も取られないといけないのだろうか?

 

待ち時間が長く数十秒話を聞くことにどれほどの価値があるのだろうか?

 

この辺りの価格競争をさせた方がいいのではないか?

 

数十秒の話であれば必要はないし、AIに情報を入力し診断してもらうような形の方がどれほど患者には良いだろうか。

 

医療の値段を再度検討しないといけないと思う。

 

患者側からしても医者に診察を受ける必要は必ずしもないということを認識してもらうことも必要だと思う。

 

今の診察の質であればAIがやっても変わらない。

 

医療においてはもっと選択肢があってもいいように思う。