シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

総合診療科を人工知能に任せてはどうか?

先日人工知能が銀行のサポートセンターに就職するというニュースについて、それだったら病院でもできるんじゃないの?という内容について書きました。

病院と一括りにしても、色んな診療科があるのでいきなりは導入が難しいと思います。

そのためまずは銀行の場合と同様にコールセンターを担当してもらうようにしてはどうでしょうか?

小・中規模の病院であれば必要ないかもしれませんが、大規模病院になると電話での対応が多くなると思います。

そうなった場合に業務が煩雑になり、十分な対応ができず適切な診療科に患者を誘導できないと思います。

そうなると患者の無駄な検査が増え、お金だけがかかって適切なタイミングで適切な治療が出来ない症例が出てくる可能性があります。

また診療科か適切でないとちゃんと見てもらえません。
連携のしっかり取れている病院であれば問題ないでしようが、そうでなければたらい回しにされる可能性すらあります。

そんな無駄を省くためには電話にて適切な対応ができるとより良い治療が受けられるはずです。

そのためにまずは病院の電話対応に人工知能を導入してはいかがでしょうか?

その後浸透してきた段階になれば診察を人工知能で行うようにすれば流れとしてはスムーズではないでしょうか?

総合診療科的な役割として人工知能を電話対応に雇用しましょう!