シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

男は結婚して一人前というしょうもない考え。でも一理あるとも思う。

今夢から目覚めました。
凄くいい夢でした。

どんな夢かと言いますと、自分がちょっと困った状況にあるところを
しっかりとした女性にサラリとサポートしてもらい物事が良い方向に行ったという夢です。
その女性はサバサバとした性格で特にでしゃばるような所はないけれど、自分をしっかりと
持っている女性です。
かと言ってキャリアウーマンという訳ではなく、自分の好きな仕事をしている女性でした。
こんな女性が自分の理想とする女性です。
夢ではありましたが、そんな女性と出会えてよかったです。

って何の話やねん!と言われそうですが、
結婚の話。男女の話です。

自分としてはシンプルな生活をする上では結婚というのは全く必要とする部分ではありません。
何せ結婚してしまうと感覚的な部分だけでは生きられず、「妥協」「忍耐」というとてもつまらない感情の部分を大事にして生きて行かなくなるからです。
そんな生活耐えられる訳がないですし、楽しくないから必要ないと思っています。

しかし、そんな自分に対して一般的な「大人」と言われる人々は「結婚はしないといけない」とか「結婚はするもんだ」「なんで結婚しないの?結婚しないとソッチかと思われるぞ」なんて言っちゃいます。挙句の果てには「結婚しないと社会人としてどうなんだ?」ということもあります。

まあ大人たちの意見はほどほどに聞いておけばいいのですが、「結婚するのは当たり前」とか「結婚して一人前」だとか言う人はしょうもないなと思ってました。
しかし、そんなこともないなという風に思う部分も今日はありました。

先ほどの夢の続きになるのですが、
私は困った状況に置かれた時に理想とする女性と出会いました。
こんな劇的な出会い方はないと思って、その後すぐにその女性にお礼を伝え食事に誘いました。

初対面でしたが、その女性は嫌な素振りを見せることなく快くいいですよと返事をくれました。

その夜に食事に行ったのですが、自分で誘っておきながら女性のオススメの店に行くことになりました。社交的な彼女はその店の常連なようで他のお客さんと気軽にコミュニケーションを取っていました。(この時点で怪しいなとは感じていましたが)

席に着き話を始めましたがなかなか会話が弾みません…
ここで夢は終わり、最終的には課題が浮き彫りにされすごく残念な感じで目が覚めました。

私は理想の女性を目の前にすると緊張してしまい本来の自分を出すことができなくなってしまいます。
さらには相手の女性が話題提供してくれても一方的な聞き役というか、「へー、スゴイ!」なんていう気の利かない相槌しか打てなくなります…

私の理想とする女性はおそらく気の利いた相槌ではなく意見を求めています。そこを理解できないがために会話が弾みません。
または私は理解していますが、女性と対抗する意見を持っていても嫌われるのではないかと思い、意見を飲み込んでしまいます。

理想とする女性を目の前にした時に自分がどれほど自信を持ってその女性にぶち当たってたいけるか?
そこが一人前の男と半人前の男との大きな違いかと思います。
「そんなこと関係ない社会で成功していたら、一人前でしょ?」と言う人もいるかもしれません。でも社会で成功している人はすべからく配偶者を持っています。理由はどうあれ。
たとえ虚勢であったとしても本当に理想の女性だと感覚的に思えたなら、一歩踏み出してこそ一人前。
むしろ踏み出せるからこそ一人前なんだなって夢から覚めた時にふと思いました。

実際のところ一人前やからなんやねんっていうのが自分の考えなので結婚は別に…って感じです。

以上夢・妄想の話でした。