シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

自分の想いをただ綴るだけが結局のところこのブログの目的地。

ブログを書いていますが、良記事を量産すると4月に言いましたが、自分のペースは特に変わらないようです。

 

自分の書きたことを書くというのがやはり基本スタンスであり、継続するには自分のペースというのが一番大事だと気づきました。

 

どんなに気合入った取り組みでもちょっとしか続かないものってそんなに大事ではなかったんじゃないかなって自分では思います。

 

それは普段のことだけでなく、歴史上で起きた全ての出来事に対して言えることだと思っています。

 

続くか続かないかは世の中というか、自然の中で必要かどうか、世の中的に価値があるかどうかそこに一番関係してきます。

 

一時的にすごく必要とされるものがありますが、長く続かなければ結局そこまでのもの。

パッとしなくても長く続いたものはそれだけ必要とされ、価値が見出されているから残っている。

 

だから、自分のブログを継続し続けることができればそれは必要とされ、価値が見出されたと考えてもいいと勝手に無茶苦茶な理論をこじつけて、ブログを継続してやろうと今まさに決意しました!

そして、「長く残ったものは、必要性が高く、価値があるものである。」というこの理論は今文章を書きながら勝手に思いつきました!

 

でも実際のところそうだと確信しています。

生物・植物は子孫を残すことが出来なければ死んでいきます。

商品は価値がなければ市場から姿を消します。

理論・技術は必要性がなければ誰も使わなくなります。

 

自然や世の中はシンプルです。

必要なものと価値のあるものははっきりとしています。

そこに人間のエゴが入るとぼやけてはきますが、実際はすごくシンプルなはずです。

 

エゴや感情というのは物事をややこしくしていきます。

ややこしいことが好きな人はいますけどね。

複雑なものほどテンション上がるってっていうもの好きがいるのは確かです。

でも実際は驚くほどシンプルです。

思えばそうなるのがこの世の中ではないでしょうか。

その現実を受け入れたくないがために様々な人が色んな難しいことを言って、世の中を混乱させようとしています。

 

シンプルなのがばれたらまずい人がおそらくどこかにいるのでしょう。

だから、なんでもかんでも難しい理論がくっつけられるのです。

理論なんて本当は必要ないはずです。

できるからできるのであってそこに理論は必要ないです。

できるということが事実であって、理論は結局のところ後付けであり、できなかった人がひがみで理論を作ったのではないでしょうか?

もしくは、できた人が出来たことをできない人に特別感を与えるために理論を作ったとか。その辺は良く知りませんが。

感覚がこの世のすべてです。

認知できないものはこの世にないのと同じです。

それにも関わらず、多くの人はなんでもかんでも知りたがる。

感じることができないならそれでいいやってならないところが人間の欲深いところ。

己を知ることをせずになんでも知りたがるそこを改めることでより深い人間になれるのではないかと感じる。

 

シンプルに実直にただただ自分の想いを綴っていくのがこのブログの目的。

それを行うことで自分の成長の道が切り開かれていけば尚良し。

 

今日はこの辺に留めておこう。

人生シロウトなりに今日はひたすらに語ってみました。

シローの学びの道はまだまだ続きます。