シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

リーダーについて結構書いているのに全然PVありませんよ。それでも書くけどね。

リーダーについて自分の体験談を踏まえて色々と書いていますが、リーダー関連の記事に関しては実はほとんどPV稼げていないということに今気づきました。

 

いつもアクセス解析を見ているつもりだったのですが、しっかりと見れていなかったようです。

 

正直ショックです。実は誰もリーダーについて興味がないんだって思いました。

というのは違って、おそらく世の中にはリーダーについてスゲー興味があるから、リーダーについて記事を書いている人がめちゃくちゃたくさんいるんだと思います。

 

書店に行ってもビジネス書コーナーには結構リーダーシップとか部下をどう動かすかとか、チームをどう育成していくかなんて本が結構販売されています。

 

だから世の中の人たちはリーダーについてすごく興味があるんです!

にも関わらず自分のリーダー関連の記事はほぼ閲覧されていない!

 

なんでなんだ!?

答えは単純明快で、これからリーダーになろうとする人、既にリーダーである人にとって全く活かされないネタであるということですよね。

なるほど!!とすごく納得したのでした。

 

でも自分の失敗ネタは誰しもが経験するようなことで、意外とあるあるじゃないのかなと勝手に思っています。

逆にあるある過ぎて記事が埋もれてしまっているのでしょうか?

 

埋もれないためには何が必要なのか?

「こんな体験してる人いるんだ。じゃあ俺はまだましかな。」って勇気づけられるほどのものすごい失敗談を書く?

それとも、

「こういう風にすれば、この状況は乗り越えられるんだ。」ってアドバイス的な内容を書く?

いやいや、

「この人すごいや!こんな人の元で働いてみたい!」って思われるような俺すごいんだぜ的な記事の方がいいんじゃない?

 

っていろいろと妄想するけど、リーダーについては単に自分の悩みと体験を赤裸々に告白する内容にしようと文章を書きながら決意しました。

 

新しく「リーダーについて」ってカテゴリを作って編集しなおせば、PV増えるかな。

ちょっと試しにやってみよう。

やってみないと結果は出ないし。分析のしようもない。

とりあえず試すということが唯一自分のリーダー論かもしれない、人に動いてもらうためには自分が色々とアクションを起こすこと。

自分がアクションを起こせないのに周りにアクションを求めることはできない。

求めるのではなく、したくなる。っていう環境づくりがリーダーの仕事だと自分では考えている。

 

あっ、最後になんとなくいい感じの言葉出たんじゃない?

「リーダーとは、スタッフに仕事を求めるのではなく、スタッフが自然とやりたくなる環境を作る人のことを言う。」

 

意外としっくりきたような。

人生シロウトシローの学びは続く。