シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

それなりの組織にはそれなりのルールがある。突き抜けられないのは社員ではなく社長のせいだと思ってしまう。

久しぶりにパソコンを開きブログを書こうと思ったきっかけが、また愚痴になろうとは...すごく残念で仕方ない。

 

昨年末に退職した職場は自分が入職した時点では創業2年弱のベンチャー企業。給料等の待遇面では居住地域の水準を大きく上回るものだったので、納得していた。

職場内でのルールがないのは創業間もない状態で、現場管理者もその間に何人か変わっていたので、それも仕方ないと納得していたし、その時にいた現場の人間で作り上げていけばいいと前向きに捉えることができなくはなかった。

 

しかし、1月に入職した職場は創業10年を超え業界では歴史のある部類になると思う。

にも関わらず、ルールがほとんどなく、現場管理者はいるが業務の責任の所在がはっきりせず思うように仕事が進まずイライラが募るばかり。

創業10年ってこんなんもん?

そんなに大したことではないのか?

創業10年の中小企業生前率は10%弱と聞いたことがあるが、それはウソなのか?

 

生き残っているのはそれなりの理由があるのではないかと思っていた。

しかし、現実には会社に理由があるのではなく、単純に独占市場であるから。

競合他社が存在せず、やったもん勝ち的な感じとなっている。

そんな状態だから、組織は成熟せず社内のルールもあいまいなまま。

職員は定着せず、入っては辞めの繰り返し。

 

とりあえずその場しのぎの人員配置では組織は成熟するはずもない、そんな状態にも関わらず社長は次々と新規事業を立ち上げる。

そのために現場の人手不足は絶えず、仕事量が増える割に給料は上がらず、満足度は非常に低いと思われる。(職場では不満を言われる方が多くいる。)

そのような状況をどれだけ社長が把握しているのか?

 

100人を超える社員がいる会社で外を向いていることが多い社長がそこまで目を配れているかというとそんなはずはない。

 

組織のピラミッドとしては、社長、副社長2名、部長6~8名程度で形としてはできている。

しかし、支店がいくつかできる中で、管理職が全く関わっていない支店もある。

管理職はいるのにバランス良く配置されていない。

本社機能を有する地域に多く管理職は配置され、残りの支店は現場管理者に一任されている。

権限委譲と言えば聞こえはいいが、実際のところは管理しきれておらず支店ごとのルールは決まっておらず、決裁権は持っていない。

何か確認することがあれば本社確認。

そういう企業が多いのかもしれないが、そんなこと確認する必要がある?

というようなことまで本社確認。

確認してもすぐに返答もなく、確認を怠っている場合もあり中々話が進まない。

 

管理者に意見しても意味はなく、会社が悪いと裏で文句を垂れるだけ垂れて、必要な場面では発言しない。

そんな非建設的な話を聞かされて入職直後の私は何を思えばいいのだろうか?

 

書類の管理ぐらいは自分でやればいい。

なんでも事務職任せにするのはおかしい。

最後まで責任を持って、仕事にとりかかる。

そんな意識さえもないのは、個人の問題もあるが実際にはまず会社。

会社が小さい規模の時からきっちりと仕事をしてこずに、そのばしのぎでやってきたことがまず原因。

初めからやってればこんな事態にはなっていない。

 

こういうルールはこつこつ積み上げてこそ築かれていくもの。

企業の精神は日々の積み重ねが作るもの。

会社の空気が社員をその気にさせる。

言って分かるものではなく、空気ありき。

そういう空気がまずあり、ルールを徐々に作っていく。

そうしないと上手に組織は回らない。

ルールだけでは人は動かない。

でもここまでこの空気出来たなら、無理にでもルールを作って責任の所在をはっきりさせて思いっきりシフトチェンジするしかない。

 

明日はその最初のきっかけを打ち出す日になりそう。

あーやだな。

言わなくてもいいなら言いたくない。

でも自分の日々のストレスを減らすためには一回のストレスはがまんするしかないんかな。

クソ社長。見とけよ。