シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

自分らしく生きるということの無理さ加減は飛んだ夢物語であるということを誰も教えてくれない。

「自分らしく生きる」

結構どこでも見るコピー。

誰もが当たり前のことのように言う言葉。

そもそも「自分」というものを認識できていない人が多いこの世の中で、

誰が一体このありきたりの言葉を達成できているのか?

「自分らしさ、その人らしさ」

すごく綺麗な言葉のように思える。

でも実際にそんな大事なことなのか?

医療・介護業界では良く使われてる。

そのたびに誰が達成できているのかといつも思う。

その人らしさってどこまでのことを言うのか?

その人らしさを構成する要素はその人個人だけで達成できるものではない。

その人をその人たらしめているのは、その人を取り巻く環境全てである。

その人が触れる環境全てがその人らしさを規定する。

その人がいる環境が変われば必然的にその人らしさは一変する。

その人が病院にいれば、病院という環境におけるその人らしさ。

その人が街に出れば、街という環境におけるその人らしさ。

場面によってその人らしさは異なるはずだ。

それが生きるということだから。

 

適者生存。

その人を取り巻く環境に適応することができなければその人はその環境では生存できない。どうすればもっともその環境にいやすくなるのかということを合理的に理性を越えて動物的感覚で判断しているはず。

要するに直感。

直感はその人が生きてきた道の上にあるもの。

天から降って湧いたものではない。

その人が生きてきた証が直感。

直感は経験がなければ働かない。

直感は今までの判断の積み重ねの結果がある場面において反映されるだけであって、天からの声ではない。

 

その人が生きてきた歴史を知らなければその人らしさはわからない。

どこまでその人の歴史に迫ることができるか。

しかし、歴史は歴史でしかなく今ではない。

今を生きる人にとって現在は過去の積み重ねではない。

未来も現在の積み重ねではない。

 

そのような中でどのようにしてその人らしさを規程するのか?

めちゃくちゃに難しいはずなのに傲慢な医療・介護職者は簡単に「その人らしさ」を強調する。

当たり前のことではあるが、当たり前のことほど難しい。

 

「因果応報」

原因があるから結果がある。

当たり前のこと。

悪いことをすればそれが自分に返ってくる。

だれでも知っている。

でも実現することは難しい。

当たり前なのに難しいと思うのではなく、

「当たり前と思っていることほど難しい。」

この当たり前のことに気づくことがまず大事。

「自分らしく生きることは素晴らしい」というのは当たり前のこと。

だから難しい。

認識を変えることは難しい。は当たり前のこと。

当たり前のことだから難しい。ということに行きつくと思う。