シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

生まれた町への思い

 最近人に地元のことを紹介する機会があった。

 

今までもどんな町か?というのは聞かれることはあった。

すごくシンプルな質問だけど、地元がどんな場所か?というのを深く考えたことがないし、住んでいるとなんでも当たり前に思えるから地元には何もないという風に答えることが多かった。

 

でも今回は改めて地元のことを紹介する機会を無理矢理設けられたから、特に何もない町ですで終わるわけにはいかなかったので、考えてみた。

どうせ話をするんだったら、悪く言うのもなんかなと思うから良い点を探して話をしようと準備した。

 

地元は人口30万人弱の田舎でも都会でもないぐらいの大きさ。

特別な観光地はないが、本州と島を繋ぐ橋が有名。

そこを眺めるのに良い海岸があるので、それは地元以外の人が見ると綺麗と思うんじゃないかなと思って紹介した。

さらにその海岸の近くにはスーパー銭湯があり、そこの露天風呂に入りながら見る景色もなかなか良いと伝えた。

風呂に入りながらそんな景色が見れるのは贅沢ではないかと改めて感じた。夜はイルミネーションもあるので、尚更良い。

他にも海岸があり、その海岸には過去に10数回ウミガメが来て産卵をしたことがある。常時見れるのものではないが、他の場所でめったにあることではないので、ふーんと思わせるのにはちょうど良いと思ってこれも紹介してみた。

 

施設としてはかなり古い科学館とそこにある日本でも古い部類にあたるプラネタリウムがある。歴史があるということはアピールできる部分でもあるが、機材が古いということはそれなりのものしか見れないと思うが、その歴史に触れることができる場所としては特別な存在かと思って伝えてみた。

 

有名な歌人を祀った神社がある。それは科学館の近くにあり、一緒に回るにはちょうど良い。

 

テレビでよく紹介される商店街がある。年末には活気を見せるが、普段は閑散としている。特に平日は店の人以外とすれ違うことがないぐらい人が少ない。

有名ではあるが、がっかりさせないように正直に伝えることも地元のイメージを悪くしないためには必要だと思う。

 

少し考えてみるだけで、意外と地元にも何かしら人に紹介できるものがあるものだなと感心した。

ここに挙げたものはネットで調べればすぐにヒットするようなものばかり。

地元民しかしらないディープな情報は挙げていない。

そこまで地元のことを深く知らないからだ。

地元に対しての愛があればもっと独自目線での紹介ができるはずだ。

そこまでの紹介ができるだけの愛を自分は持ち合わせていない。

何かを紹介するときの熱はその何かに対しての愛の量によるのだなと感じた。

 

興味を引き付けるように紹介できる人は本当に尊敬するなと常々思っていたが、そこには愛の深さがあったのかと思うとなんとなく、なるほどなと思える。

自分も何かを人に紹介するときに興味を引くような説明ができるほど、何かを熱烈に愛したいなと思う。

 

また今日もつまらない文章をだらだらと書いてしまった。

乱文失礼致します。