シンプルな生き方を目指すセラピストシローの人生シロウト体験日記 

シンプルな生き方を理想とし、無駄な思考・行動をできるだけ排除するためにはどうするかを自己の体験・思考を元に綴るブログです。

遠くない将来にやってみたいと思っていること。

将来というか遠くない未来に自分で宿泊施設を経営したいと思っています。

どんなものを考えているかと言いますと「いえる」施設です。

この「いえる」には3つの意味がありまして。

まず一つ目は、「癒える」

ここに来ると癒えるということです。

そして、「言える」

ここに来ると日頃溜めこんでいる思いを言える場所です。

最期に、「家る」

ここは自分の家であるかのような場所です。

なのでこの宿泊施設の名前は「いえる」もしくはローマ字で「ieru」にしようかと考えています。

自分だけかもしれないけど、なんとなく窮屈な世の中になっている感じがします。

そんな世の中で肩肘張らずに家のような場所で自分の思いを言えて、心身ともに癒える場所があればすごくいいのではと勝手に妄想しています。

自分自身何か壁にぶち当たると、その壁をぶち壊すために行動したり、その壁を乗り越えるように努力したりというのが得意ではありません。

どちらかというと壁にぶち当たると逃げる方が多かったように思います。

でも世の中的には「壁にぶち当たる時は自分の成長のチャンスだと思って踏ん張れ!」なんていう空気になってる感じがします。

確かにそれが理想ではあるかと思うんですが、みんながみんなそこまで強くないし、成長が全てでもないような気がします。

成長しなくても良いって思っている人もいるし、成長しないことが世の中に悪影響を与えるとも限りません。

成長を求めるかどうかは個人の問題であって、周囲がとやかく言うことではないと思うんです。

ただ「生きる」ということだけで十分素晴らしいと思います。

ヒト以外の動物はただただ「生きる」を全うしています。

ヒトは高等動物で考える頭を持っているんだから、ただ「生きる」だけではダメだって意見もあるかもですが、それはその人が勝手に考えただけで、たまたまそれに賛同する人が多かっただけで、成長しなければならないなんてルールはないはず。

自然とともに生きるということを考えると別に成長なんてなくたって、毎日同じ繰り返しだって良いと思う。

朝起きて飯食って、うんこして、働いて、休んで、働いて、うんこして、飯食って、だらだら過ごして、眠って。っていう繰り返しだって良いと思う。

みんながみんな毎日成長を追い求め続けるといつか息切れするときがくると思う。

成長を求める人もいれば、そうでない人がいたってそれは一向に構わないと思う。

別に生きていることに理由なんてないと思ってるし、決まった生き方もないし人それぞれで良い。

 

まあなんせ自分も落ち着けるように、日常から離れ、緩やかに過ごす場所を色んな人に提供したいなと夢見ています。